心を若返らせてくれる

女性ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(略してNMN)を使用すると、老化作用を抑制することが可能といわれています。食事で補給する方法以外にも、サプリメントで摂取するという方法もあります。個人差も存在しますが、使用すると、血糖値が改善されますので、肌が綺麗になっていく傾向が強くなります。石鹸やローションなどで、皮膚に付けていくことをおすすめします。このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMNサプリメント)の他の使用方法としては、病気における症状を改善させる治療薬として使用する方法や日常的に摂取することにより、体内の各臓器の老化を改善させる働きもあります。身体機能の衰えを予防する予防薬としての使用方法も考えられます。

人間は誰でも、加齢に寄る影響により、老化現象が起こっていきます。老化防止、そして、健康維持に強い影響を与えてくれるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを日常的に摂取することをおすすめします。老いを感じ、生きていく気力を失っていくのであれば、この物質を摂取し、生きる活力を戻すことも可能です。年をとっても元気に生きていくためには、気持ちを若く保つことがひとつの秘訣となります。ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは見た目を若返らせる物質ではありません。心から若返らせてくれる夢の物質です

老化の個人差を埋める

美脚ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(略してNMN)の持つアンチエイジングや健康に対する効果は、多岐に亘っています。長寿遺伝子であるサーチュインを活性化させる効果はもちろん、問う脳病改善、アルツハイマー及び心不全の予防を行う効果もあります。骨の骨密度も増加しますし、老化が及ぼす目の衰えを防ぎ、毛細血管を若々しく保つことも可能です。そして、老齢になると、身体に余計な脂肪が付きますが、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、代謝を活性化させ、スリムで健康的な体型を維持する効果も持っています。一種のダイエット効果も保持しているということです。食欲も減少していきますが、むしろ、食欲が向上する効果を持っています。

日常的に摂取していれば、細胞が活性化され、身体全体が若々しさを取り戻すことに成功する若返りの物質と言うことが出来るでしょう。高齢者を見ていると、同年齢であっても、人によって、違うときがあります。見た目もそうですし、肌の色やつや、髪の毛、筋肉、そして、体型もそうです。いつまでも、若々しさを保てる人と年齢相応の人、年齢よりも老けている人がいますが、老化のスピードには個人差があります。この個人差を埋めていく物質がニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドということになります。

食事で補給する方法

野菜老化の防止作用という観点で研究を進めていくと、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは野菜や果実に多く含まれています。ブロッコリー、キャベツ、アボカドが有名です。年齢を重ねる減少していく運命にあるこの物質も、これらを食事などで補給していくことで、補うことが可能となります。皮肉的な話ですが、このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、若いときに摂取しても、効果性はほとんど、現れません。体内で減少し、加齢を感じ始め、そのタイミングで、ブロッコリー、キャベツ、アボガドを摂取すると、効果性が存在するアンチエイジング効果を得られることになります。目や肝臓機能の低下や骨密度の代謝低下を軽減するとも言われており、注目を集めています。

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、全ての細胞の中に存在し、摂取した栄養をエネルギー変換する重要な役割を持っています。つまり、体内に豊富であれば、エネルギー代謝が活発化し、細胞が元気を取り戻すというメカニズムです。老いを感じることは、気力の低下へと連結し、精神的にも良い影響を与えません。そのためには、普段から摂取することを心掛けることが大切です。老化防止は、食事摂取からも始めることが可能ですから、実践してみましょう。他にもサプリから摂取する方法もあります。

老化とニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(略してNMN)という物質の名前を初めて聞く方も多いと思いますが、私達全員が身体の中に持っている物質であり、身体の機能を保つことに必要な物質です。抗老化性物質であるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドに体内で変換されます。私達人間は、50代を過ぎた頃からこの物質を作り出す体力が落ちてくるため、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを投与し、体内でニコチンアミド・アデニンジヌクレチオドを合成、そして、補充し、その低下を補うということになります。

錠剤ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドそのものは、サーチュイン遺伝子を活性化する可能性を保持しているとされ、かなり以前から多くの研究者によって、研究が進められていました。ネズミを実験で使用するという話をよく耳にしますが、マウスの遺伝子は人間とよく似ていると言われています。糖尿病にもなりますし、がんにもなります。そして、老化するプロセスも人間と似ている部分が多数、存在します。

このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを2歳のマウスに注入したところ、生後6ヶ月ほどまで若返らせることに成功したという研究もあります。人間の年齢に換算すると、約40歳相当の若返りを果たしたということになります。この実験においては、副作用の存在も認められていないということで、今後は、安全性及び効果を確認していくということになっていくでしょう。最終的には人間の老化を食い止める夢の物質として、投与可能なレベルを目指していくことになります。投与可能となると、医療界の大きなビジネスモデルとなる可能性が大きくなります。